2020年2月6日(木)
13:00~17:20@東京

会社はいま、順調に成長しているのか?
この会社の強みと弱みは何か?

今期はどんなことにとり組むべきか?
3年後はどんな会社にしていくか?

「過去を分析し、未来をつくる。」
それが未来創造税理士法人の
みらい会計勉強会です。

勉強会の特徴・参加資格

  • 特別な会計知識がなくても、会社の「今」が分析でき、未来の方向性を作ることができます。
  • 未来創造税理士法人と顧問契約をいただいているお客様が対象ですが、その他のお客様も1度に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。
  • 代表税理士2名が、ていねいにあなたの会社の未来作りをサポートします。
  • 当日は、必ず「3期分の決算書」「電卓」「筆記用具」をお持ち下さい。
  • 定期開催します。皆様のご都合に合わせてご参加下さい。
  • 参加費は無料です。
  • 未来創造税理士法人と顧問契約をいただいているお客様が対象ですが、その他のお客様も1度に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。

参加者からお褒めの声

  • 「ここまで数字について考えたことがなかった」
  • 「決算書の意味がよく分かった」
  • 「何を考えて会社の目標を作ればいいか指標ができた」
  • 「決算書の意味がよく分かった」

当日のタイムスケジュール

【第1部】13:00~14:20
自己採点勉強会(直近期の振り返り)

  • 直近期と過去2年の貸借対照表、損益計算書を比較しながら、直近期の経営内容の良かった点、改善点を見える化します。
  • 決算後3か月以内を目安にご参加いただくことをおすすめしています。
    (例:3月決算の会社→6月までに参加)

  • 損益計算書を見ながら、経費を「変動費」「人経費」「物経費」「金経費」「未来投資」に分けていきます。
  • 経常利益額を算出し、健全な経営に対してどのくらいの利益をあげることができているかを検証します。
  • 会社の未来をつくっていくために人の採用や育成、広告宣伝や開発などの「未来投資」ができているかを考えます。
  • 会社は大きくなっているか?筋肉が増えているか?脂肪が増えていないか?が一目瞭然になります。
  • 健全な経営ができているか?お金を使うべきところ(未来投資)と、絞るべきところ(物経費)を色分けできているか?が一目瞭然になります。

【第2部】14:30~15:50
目標設定実践会(次の期の目標作り)

  • 次の期のできるだけ高い目標と実行計画を作ります。
  • 期が締まる3か月前~期末を目安にご参加いただくことをおすすめしています。
    (例:3月決算の会社→1月~3月までに参加)

  • 「やれる数字」ではなく「やりたい数字」を目標にします。
  • 具体的に、商品ごと、顧客ごと、エリアごとなどにブレイクダウンして戦略を練ります。
  • 各部門ごとに誰が実行するのかをイメージし、責任者への伝え方を考えます。
  • 第1部と併せて理解することで、どうすれば売上を増やせるか、どの経費は減らし、どの経費が将来につながるかが見えるようになります。

【第3部】16:00~17:20
7か年表作成会(中期経営計画)

  • 過去3年と今期を振り返りながら、今後3年の経営計画を作ります。
  • 毎年、時間的なゆとりがある時期にご参加下さい。

  • 今後3年間の売上高、利益額などを、会社の部門別、エリア別、顧客別など、各社の成長キードライバごとに分けて計画します。
  • 計画を実現するためのアクションプランを決定します。
  • なぜ、その計画を実現する必要があるのかといった理念を考え、社員への落とし込みの方法を考えます。

担当税理士

税理士 山田麻美

大学進学を考えずに通った商業高校で日商簿記1級に合格したことがきっかけで会計の面白さに目覚め、税理士を目指す。 
高校卒業後、東証一部上場企業東急電鉄の戦略部門に配属となり、事業部制による採算管理や部門別の管理会計、連結グループ200社超にのぼる子会社の決算書をとりまとめる連結決算業務を経験する。その後、大手税理士法人へ転職し、大企業から中小企業まで100社以上の会計税務業務に従事する。
2011年税理士登録。
売上が上がっているのにキャッシュがなく、借入を繰り返す経営者を見て、財務体質を強くするためには未来の会計を示すことが税理士の使命だと確信し、2014年独立開業。中小企業が伸びることは、日本を救うことだという思いに共感し、2019年に未来税理士法人を設立。

キャッチフレーズは「日本一節税しない税理士」
~利益なくして内部留保なし、内部留保なくして成長なし~
がモットーで、キャッシュをためる経営指導に定評がある。

税理士 三谷淳

ゴールから逆算する勉強法で慶應義塾大学法学部在学3年時に当時合格率2%の最難関国家試験である司法試験に最年少合格する。弁護士登録後は、裁判にならない交渉術や紛争予防法を研究し、その紛争予防スタイルから「日本一裁判しない弁護士」と呼ばれ、企業経営者からも絶大な支持を受ける。
京セラ創業者稲盛和夫から盛和塾にて直々に経営哲学を学ぶことが転機となり、日本をリードする多数の経営者の目標設定や実践方法を目の当たりにする。また、団塊ジュニア世代の中小企業経営者が時代の日本をリードするとの信念のもと、平成22年に同世代経営者勉強会【S70’s】を立ち上げ、そのうち7社が新規上場を果たす。
2001年~2012年に母校の慶應義塾大学法学部、法科大学院で講師を務める。その他、講演歴としてSMBCコンサルティング、浜銀総研、立命館大学など、著書に「伸びてる会社の意外な共通点」(合同フォレスト)「目標達成の全技術」(日本実業出版社)など、執筆歴として東洋経済オンライン、致知、ビジネスロー・ジャーナルなど多数。
2017年税理士登録。2019年未来創造税理士法人立ち上げ。

みらい会計勉強会・会場

未来創造税理士法人(東京オフィス)

住所 東京都中央区日本橋3-3-5 NS日本橋ビル5階
TEL 03-6665-0133
交通アクセス 東京駅八重洲中央口より徒歩3分
日本橋駅B3出口より徒歩1分

※参加者多数の場合、近隣の会議室に会場を変更することがあります。その際は個別にご連絡致します。
交通アクセス 東京駅八重洲中央口より徒歩3分
日本橋駅B3出口より徒歩1分

みらい会計勉強会 お申し込みフォーム

ご希望の勉強会にお申し込み下さい。複数のパートにお申し込みいただくことも可能です。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
お申し込み